×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。


三国志 Three Kingdoms 第52話 「劉備、呉を訪ねる」

三国志 Three Kingdoms 第51話 「再び荊州を求める」





「行けば親戚となり、行かねば敵となるのだ。
『呉』と仲違いしてはならん。縁組に行かなければ[周瑜]が攻めてきて、
《荊州》は窮地に陥る。私が行けば戦の口実が無くなるのだ。」
―[劉備 玄徳]



第四部「荊州争奪」第五十二集

時代背景:210年(建安14年)


《荊州》を収める事に成功した[劉備]らですが、

そんな中、[劉備]の妻である[甘夫人]([劉禅]母)が死去。

このことを聞きつけた[孫権]は、この期を利用し、

《荊州》を返還させる意味もあり、[周瑜]の策、

自分の妹を[劉備]に嫁がせることを口実にして、

彼を《孫呉》の地へと呼び寄せようとするのです。


そもそも、『孫家』と『劉家』が親戚になることによって、

この連携の影響力は[曹操]に対して脅威にもなるという、

確かな利点があるのでした。



[孫権]は、[劉備]側に、入婿させるように[孫乾]に言い、

嫁にする妹は、いつ連れ帰っても良いとは言うのですが、

婿自らが行く事に、不満を隠せない[劉備]配下の[張飛]達。


しかし、やっと領地を手にした今、下手に波風をたてないためにも、

[劉備]は自分が入婿になる決意をします。

[諸葛亮]は、[周瑜]らの陰謀に巻き込まれないかと不安になります。


《荊州》は[諸葛亮]らに任せ、決め事も決め、

護衛は[趙雲]だけつけて、《孫呉》の地へと向かいます。


[諸葛亮]は信じられないらしい[関羽]と[張飛]は、

皆の心が彼へと移らないかと言い出すのですが、

[諸葛亮]を批判するなどもってのほかと激怒し、

今までの成果も[諸葛亮]ありで、これからも従わなければならないと、釘を指すのでした。


しかし[諸葛亮]は、[関羽]と[張飛]、それも、

[張飛]の粗暴さよりも、[関羽]の傲慢さが今後心配だと言うのです。

とはいえ[諸葛亮]に任せれば、無事安泰だろうと、

出立する決意をします。


出発するに当たり、[諸葛亮]は護衛の[趙雲]に三つの袋を渡します。

もし窮地に陥ったら、その袋を一つずつ開けるように言います。


一方『孫呉』では[周瑜]が、[諸葛亮]は自分の策など見抜いているだろうと、

そう測った上で、《荊州》を取る手はずを考えているのでした。


『孫呉』の《南徐》にまでやってきた[劉備]。

[趙雲]は[諸葛亮]の策で、結納品を買うように言います。

わざと、[劉備]と『孫家』の縁組の話を部下たちに広げさせ、

民の話題とするのです。



街中の噂として、後先引かせないようにさせるというこの策に、

[孫権]は動揺します。これは、自分の母親にも伝わり、

妹を[劉備]の嫁として差し出す事に、

娘のことを溺愛している母の怒りを買うことになるのです。


[周瑜]の手先として[呂蒙]らが対策を練るのも間に合わず、

[劉備]はすでにやってきており、

[魯粛]らによって守られて、《孫呉》の地に降り立つのです。


[周瑜]は、この隙に《荊州》を取ってしまおうと、

軍を動かそうと考えます。

母が動かなければ、策のままでよかったものの、

もはや戻ることもできなくなってしまった今、

[孫権]は同名の行く末を憂慮します。




このエピソードの注目点
「[劉備]の婚姻とそれにまつわる陰謀」



[劉備]が『孫家』と婚姻を結んで、お互いに連携をすれば、

それは喜ばしいことなのですが、

もちろんこれは、政略結婚でもあり、

そもそも、婚姻まで結ぶ前に、[劉備]を始末して、

《荊州》を奪い返してしまおうというのが[周瑜]の策でした。

[周瑜]の考えなど見抜いているとばかりに、[諸葛亮]は、

この婚姻を逆に利用して、後に引けなくしてしまいます。


あと、婚姻の話はでてきていますが、肝心の嫁の[孫尚香(孫小妹)]が、

まだ出てきていませんね…。


注目の人物



[呉国太]
?年〜?年

吹替:久保田民絵

[孫堅]の妻であり、[孫権]の母親ではない後妻。

一方で、[孫尚香]の母ではあるため、その娘を溺愛しており、

今回の婚姻については相当に反対していたそうです。

生没年不詳の女性ですが、長い間登場するので、

『孫呉』の大奥様であられるようです。

[孫権]や[周瑜]は、『孫呉』の利益を目的とした動きを見せる中、

人間味ある、自分の娘の幸せを願っている少ない人物の一人です。

[劉備]が、本当に彼女が見抜いた通りの人物だったら、満足できたのでしょうけれども…。

なお、“呉国太”の名は『三国志演義』での通称。


次のエピソードへ
三国志 Three Kingdoms 第53話 「孫権、兵符を返す」
三国志 Three Kingdoms 第53話 「孫権、兵符を返す」

トップへ
トップへ
戻る
戻る