×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。



西暦212年 『成都の戦い』

↑前の時代西暦208年 『赤壁の戦い』



「『潼関の戦い』」
西暦211年

《赤壁》の戦いの敗戦の後、[曹操]は、南の[孫権]の侵攻に備えていました。
その一方で、後顧の憂いを絶とうと西にもその手を伸ばし、
《西涼》の[馬騰]を誅殺すると、
その息子、[馬超]を《潼関》で打ち破るのでした。



「《益州》よりの使者」

[曹操]の侵攻を恐れた《漢中》の[張魯]は、
先んじて《益州》を取ろうと目論みました。
これを聞いた《益州》の[劉璋]は動揺し、配下の[張松]が、
[曹操]への使者となることを申し出るのでした。



「[張松]と[曹操]」

《許都》を訪れた[長松]に[曹操]は見下した態度で臨み、
場合によっては益州を[曹操]に、と共に考えていた[張松]でしたが、
思い直してしまいます。
[曹操]の機嫌を損ねた彼は叩き出されてしまいます。


「[張松]、英雄を見込む」

その後、[張松]は[劉備]の元に訪れました。
丁重にもてなされた[張松]は感心をし、
仁義を重んじる[劉備]であるならば、《益州》を任せるのに、
申し分の無いと、《益州》を託したい旨を、
[劉備]に告げるのでした。


「《益州》へと向かう[劉備]」

[張松]は《益州》へと戻り、[劉備]に加勢をして欲しいと、
[劉璋]へと進言をします。[劉璋]はこれに応じ、
[劉備]と再会。[張魯]討伐を引き受けます。


「《益州》の君主」

しかし[劉璋]は優れた君主ではありませんでした。
[張松]達家臣の間でも、新しい君主を迎え入れようと動きがあります。
[劉備]の勢力内でも、天下三分を実現するために、
《益州》を取る。という強い意見が出るのです。


「決断する[劉備]」

[劉備]は、同族である[劉璋]を討っては義理が絶たないと、
[劉備]はこれを拒み続けました。

しかしながら、[劉備]の援助要請を[劉璋]が渋ったことから、
両者に決裂が生まれ、[劉備]は、《成都》を攻めることを決意します。


「[ホウ統]、《洛凰坡》にて」

《成都》攻めを指揮するのは、軍師の[ホウ統]でした。
手始めに《成都》防衛の拠点であるという、《雛城》に軍を勧めますが、
馬を替えたため[劉備]と間違われ、[ホウ統]は落命してしまいます。


「“錦馬超”を迎え、《成都》へ」

《雛城》は、《荊州》から、[諸葛亮]、[張飛]が駆けつけて陥落しました。
《霞萌関》では[張魯]に身を寄せていた[馬超]の猛攻を受けますが、
[諸葛亮]の策によって、逆に[馬超]を迎える事に成功します。


「“天下三分”の達成」
西暦214年

《成都》の包囲に[馬超]も加わり、戦意を失った[劉璋]は降伏。
214年、『蜀』の地は[劉備]の治める地となり、
《益州》を得て、“天下三分”が成り立ちます。


↓次の時代へ
西暦215年 『合肥の戦い』
西暦215年 『合肥の戦い』


トップへ
トップへ
戻る
戻る