×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。



献帝(劉協 伯和)



[献帝(劉協 伯和)]
西暦:181年(光和4年)〜234年(青龍2年)

吹替:須藤翔

『漢王朝』最後の皇帝。それ故に『三国時代』に最も関わる皇帝であり、

更に様々に利用され続けることになる帝です。

彼自身は、[董卓]により無理矢理建てられた皇帝であり、

その力を振るうことはほとんどありませんでした。


[董卓]残党の[李カク]と[郭]に連れ去られ、そこからの逃亡生活。

そしてようやく[曹操]に保護されたものの、

それは帝の権力を盾に取るという[曹操]の策であり、

追い詰められた彼は[曹操]を暗殺しようともしたほどでした。

結果的にそれは失敗したものの、[献帝]は生かされ、

[曹操]の息子[曹丕]に禅譲を譲るまで、皇帝で在り続けました。

トップへ
トップへ
戻る
戻る



董貴妃
董貴妃