×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。



董貴妃



[董貴妃]
西暦?年〜200年(建安5年)

吹替:鍋田カホル

[献帝]が《洛陽》へと帰還してきて、その時に彼を救ったとされる、

[董承]の娘になり、[献帝]の后となりました。

しかし父親である[董承]が[曹操]の暗殺計画を企て、

それが失敗したために、ほとんど見せしめとして殺害されてしまうという、

かわいそうな人物。

[献帝]にしてみれば屈辱的出来事ですが、

そもそも彼や、父の[董承]が[曹操]を、浅はかな計画で暗殺しようとなど、

考えなければよかったのでは?


ついでに、次の[献帝]の妃に[曹操]にされた、

[曹貴人]と吹き替えの人が同じなのは、

何かの皮肉でしょうか?

トップへ
トップへ
戻る
戻る