×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。


三国志 Three Kingdoms 第36話 「長坂坡の戦い」


三国志 Three Kingdoms 第35話 「諸葛亮の緒戦」



「ご主君、昨日は二十七里、今日は十余里しか。
これでは半月でも《江夏》にたどり着けません。
『曹軍』は背後に迫り、2日で追いつかれます。
…、民を捨て置くしか。

君子は民を頼れど、民の害は避けるべき。
小事にこだわり、大事を失えば、民も己も損ないます。」

―[諸葛亮 孔明]



第三部「赤壁大戦」第三十六集

時代背景:208年(建安13年)『長坂の戦い』


[劉g]を陥れた[蔡瑁]は、[曹操]によって、水軍の大都督に任じられ、

重要な戦いの大役を任される事になるのでした。

これは、《江東》での戦いに備え、[周瑜]に敵う人材を求めたためです。


しかし[劉g]は、《荊州》の軍を持っていながらにして、

戦わずして降伏する事を[曹操]は罵り上げ、

[蔡瑁]に地位を狙われている事さえ見ぬき、

彼の安全を保証するという名目で、《許昌》に軟禁するというのです。


一方、《新野》を攻略した[曹仁]ですが、

[劉備]を取り逃しており、《江夏》へと逃げるとのこと。

彼を絶対に逃したくない[曹操]は、その追撃戦を開始するのでした。


『劉備軍』は、彼に付き従ってきた民達を従え、

非常に遅い行軍を続けているのでした。

決して民を見捨てないという[劉備]に従う、[諸葛亮]や[関羽]。

《江夏》へと救援を求めて[関羽]を先にいかせる中、


《長坂》の地では、[劉備]の二人の妻が行方不明になり、

[趙雲]が率いる部隊に、『曹操軍』が迫ってくるのでした。

[甘夫人]は救ったものの、[糜夫人]と[劉備]の息子[阿斗(劉禅)]が行方不明になり、

それを救援するために、[趙雲]は単騎で駆けます。




[糜夫人]は、足に怪我をしてしまっていたため、その身を投げてしまい、

[阿斗]を[趙雲]に託すのでした。

[劉備]の嫡男を託された[趙雲]は、

『曹操軍』の大軍勢を横切らなければならず、単騎駆けの壮絶な戦いを繰り広げます。


敵陣にいた[曹操]は、この[趙雲]の勇猛ぶりに感心し、

生け捕りにしようと画策しますが、戦いは白熱し、

[趙雲]は、この死闘を闘いぬきます。



[張飛]のいる橋まで逃走できた[趙雲]は脱出し、

伏兵がいると虚勢を張った威嚇で、『曹操軍』は一時後退。

そして、[趙雲]は[阿斗]を守り切ったのです。

しかし、その時の[劉備]の反応、

“赤子のために、かけがえの無い将軍を失いかけた”

といって我が子を投げ捨てようとする事が意味するものとは―?


ですが、『曹操軍』の追撃が終わることはなく、

河まで追い詰められた[劉備]は、決死の戦をしようとします。

そこへやってきたのが[劉g]によって率いられてきた船団。

この船に乗った[劉備]は、《江夏》へと逃れる事に成功するのです。




このエピソードの注目点
「《長坂坡》の凄絶な単騎駆け」



この話で描かれるのは、《長坂坡》における壮絶な逃亡戦。

[曹操]は[劉備]を追い詰めるのではあり、

あくまで民への攻撃をしているわけではないのですが、

命がけの民との行軍となっています。


そんな中、行方不明となってしまった、[劉備]の息子[阿斗(劉禅)]

これを命がけで救おうとする[趙雲]の単騎の決死行は、

あまりにも壮絶なものとして描かれることとなりました。


そして[趙雲]は、[阿斗]を守り切って生還し、

この活躍は伝説として伝われる事となったのです。


注目の人物



[糜夫人]
吹替:神保巴
西暦?年〜208年(建安13年)

[甘夫人]
吹替:田崎由美子
西暦?年〜209年(建安14年)


共に[劉備]の妻。

『除州の戦い』の際に[関羽]が、[曹操]に、手を出させてはならないと、

忠告した二人の[劉備]の妻達です。

『長坂の戦い』で[劉備]とはぐれてしまい、

その時に[糜夫人]は[劉備]の嫡男である[阿斗]を守って自害しており、

[糜夫人]の方が当時の[劉備]の正室になっていましたが、

[甘夫人]がその後を継ぎます。


[糜夫人]は、[劉備]に仕えた[糜竺][糜芳]の妹です。

[甘夫人]はしかし身分が低い人物で、[劉備]が《小沛》に移住していたころに、

妻になり、[阿斗]の母親でもあります。ですが、しばらく側室でした。

[糜夫人]死後、[甘夫人]は正室になるものの、ほどなく死去。


この後[劉備]は、[孫尚香]を娶るまで妻がおらず、

また、214年の『劉備の入蜀』で、ようやく[穆皇后]と呼ばれる正室を得られるのです。


↓次のエピソードへ

三国志 Three Kingdoms 第37話 「儒者たちとの舌戦」
三国志 Three Kingdoms 第37話 「儒者たちとの舌戦」

トップへ
トップへ
戻る
戻る