×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

黄月英

名:黄月英(こうげつえい)
他名:黄婉貞
-Huang Yueying-

出生:不明
生年:不明
没年:不明
享年不明

所属:蜀国


-伝-
『三国志』
巻35『諸葛亮傳』等


-血縁関係-
父:[黄承彦]
夫:[諸葛亮]
子:?

『真・三國無双』

CV:笠原留美
『真・三國無双3』より、『蜀』では初めての女性として登場。
以来武将のような姿、貴婦人のような姿などで登場し、
夫である[諸葛亮]を支えつつも、発明家であるらしく、
自慢の虎戦車で戦場にやってきます。
赤髪なのは、異国人説を取り入れているのだとか。
『三国志大戦』

[月英]イコール発明家という図式を作った
本作。
[諸葛亮]の妻だけあって、いかにも知的な
女性、
というのが特徴的な絵柄です。
ドラマなどでは[諸葛亮]はよく描かれますが、
妻である[黄月英]が描かれることは、
まずないのは、彼女について、
分かっていないことが多いためでしょう。




『三国志』での主役にして、『蜀』の丞相[諸葛亮]の妻として、

名を与えられている女性です。

[黄月英]などの名前は、架空のものではありますが、

[諸葛亮]の子は知られているため、奥方はいたはずなのです。


また彼女の父、[黄承彦]は《荊州》の大豪族であり、有力者でした。

《荊州》を治める[劉表]と彼は義理の叔父甥であったので、

[劉表]の子である[劉g][劉j]とは義理の従兄弟同士になるそうです。


●『三国志』による記述

『三国志』の中でも『襄陽記』と呼ばれるものによれば、

[黄承彦]から[諸葛亮]に、“醜く、赤毛で色黒な娘”の縁談話があります。

しかし才知は[諸葛亮]の妻にふさわしいと言われ、

それを承知で[諸葛亮]は彼女を妻として迎え入れました。


しかし彼女が醜い娘であったと言われているため、

“孔明の嫁選び”という笑い話が広まってしまったのだとか。

ただ、彼女が具体的にどのような活躍をしたのかは正史では知られていません。


●史実以外での逸話

[諸葛亮]の妻であるということもあってか、

脚色がなされた話ではいろいろな活躍が有ります。


“木牛流馬”というのは、言わば手押し車なのですが、

これが[月英]の発明であるという話で、

これが実際に木偶人形として動いていたというものがあるのです。


まあ、夫の発明に妻が参加することがあるかもしれませんが、

実際に木偶人形として動くのはどうかと。


●異人説

『三国志』の英雄たちの妻は皆美人揃いなのに、

なぜ、[諸葛亮]の妻が醜いと言われるのか。

その理由の一つに外国人説があります。つまり、西方からの人物であったというのです。

他、実は美女であったということも言われています。



トップへ
トップへ
戻る
戻る

鮑三娘
鮑三娘