×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。


大喬


名通称:大喬(だいきょう)
-Da Qiao-

別名:大橋、喬セイ(京劇『鳳凰二喬』での名)

所属:喬家→孫家
出生:不明
生年:不明
没年:不明
(享年不明)


-伝-
『三国志』『三国志演義』
京劇『鳳凰二喬』など


-血縁関係-
父:[喬氏]

夫:[孫策]

妹:[小喬]
『真・三國無双』

CV:嶋方淳子
二つ名は、「儚くも強き花」
可愛らしい二喬姉妹のお姉さんで、
妹よりもずっと落ち着いており、
「孫策」との仲もなかなかのものです。
しかし「孫策」の末路を考えると、はかない彼女。
場合によっては、『呉』の後半の物語にまで登場します。
『三国志大戦』

花も恥じらうほどの可憐さ、
それが大喬の描かれ方のようですね。
少しお姉さんといった印象ですが、
まるで妖精のような姿です。

ドラマ『三国志 Three Kingdoms』

吹替:三石琴乃
絶世の美女姉妹なのは当然の如くの描かれ方。
妹、小喬と合わせて美人姉妹のお姉さんです。



正史においては、喬氏の娘であり、「孫策」の妻としてしか記述はありませんが、

彼の奥方であるからにはしっかりと名前がなければなりません。


199年の12月のこと、《皖城》を占領した『孫策軍』の捕虜となり、

妹「小喬」は、「周瑜」の妻、そして彼女は「孫策」の妾妻になりますが、

「孫策」は、結婚四ヶ月後に戦死してしまいます。

二人の間に子供がいたかどうかも不明とされています。


小説『三国志演義』においては、彼女の美しさを形容している表現として、

「月も光を消してしまい、花も恥じらってしまう」

というほど美人であったのだとか。


本名が不明なので、実際の所、その本来の姿が分かっていない人の一人です。

トップへ
トップへ
戻る
戻る


小喬
小喬