×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。



西暦196年 『『山越』の《宣城》侵攻』


『山越』の《宣城》侵攻

期間:196年(建安元年)
場所:宣城(現:安徽省宣城市)
山越 対 孫策・孫権軍(孫策、孫権、周泰)
戦力:不明 対 不明


『山越』というのは後漢の頃から登場してきた、中国の南東部の少数民族で、

漢民族だけではなく、ヤオ族、モン族など、

東南アジアの諸民族も含んでおり、三国時代の中国南東部では、

『孫策軍』や『呉国』を悩まさせていました。


この頃、『孫家』の家長となった「孫策」は、

六県の『山越』征伐に乗り出すのですが、

その弟の「孫権」は《宣城》の防衛を任されていました。


しかし兵士が少ない上、油断していたところを、『山越』の反乱軍に急襲され、

「孫権」は命の危機に。

その時、「孫権」を救ったのは、彼が見込み、自分の配下においていた、

「周泰」という武将でした。

彼は人一倍の勇気を持って、味方を鼓舞して、

傷だらけになりながらも、身を挺して「孫権」を守ったのでした。

この武勇によって、「周泰」は「孫策」「孫権」兄弟からの感謝され、

大きく武勇を認められるものとなりました。


しかし結局のところ、『山越』と『呉』の抗争は当分続くのですが。


西暦197年 『宛城の戦い』
西暦197年 『宛城の戦い』

トップへ
トップへ
戻る
戻る