×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。



蔡瑁 徳珪



[蔡瑁 徳珪]
西暦?年〜?年

吹替:高山春夫


[劉表]配下であり、《襄陽郡》の有力豪族の一人。

そして[劉表]が《荊州》に地盤を築くことができたのは、[蔡瑁]の航跡と言われています。

さて、有名な話には、[劉表]の死後、

[劉j]を後継者にするため、彼の異母兄である[劉g]と、支持者[劉備]を追い出し、

[劉j]の後継を実現させた、という事。

また、その後[曹操]に攻め入られた時に、彼に仕えた[蔡瑁]は、

[曹操]に仕えて、長水校尉を歴任したのだとか。


『三国志演義』及び、創作物では、[劉j]を後継者にするために、

[劉備]などの暗殺を企てたりするなど、あくどい人物に描かれます。

また、『赤壁の戦い』前後で、[周瑜]の離間策にはまった[曹操]に、

処刑されてしまうなど、良い描かれ方がされない人物なのも特徴です。

トップへ
トップへ
戻る
戻る



劉g
劉g