×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。



王允




[王允 子師]
137年〜192年

吹替:佐々木敏


『後漢王朝』の重臣で、『三国志』では[貂蝉]の養父である。

ということが重要な役割となります。

『後漢王朝』で[董卓]に反旗を翻した、人格者として描かれますが、

[董卓]を倒した後は、急激な革命を望み、

まず[董卓]の一族を根絶やしにしますが、彼の残党に追い詰められて自殺。

そして結局[王允]一家も処断されてしまうという、悲劇がやってきてしまうのです。


善人のようにも言われる[王允]ですが、

彼の死後、また時代が新たな混乱へと進むのです。

トップへ
トップへ
戻る
戻る