×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。



三国志 Three Kingdoms 第95話 「司馬氏、天下を統一す」

三国志 Three Kingdoms 第94話 「星落ち、五丈原に逝く」

「]


第七部「危急存亡」第九十五集

時代背景:西暦249年(『魏』正始10年・『呉』赤烏12年・『蜀』延熙12年)
『正始の変』


“北伐”と『五丈原』の激しい戦いに勝ち残った[司馬懿]。

彼は『魏』の国へと戻ります。


やがて、『魏』の皇帝を続けていた[曹叡]も病に侵され、

その最期を迎えてしまいます。





このエピソードの注目点

「」





注目の登場人物



[司馬炎 安世]
西暦236年(青龍4年)〜290年(大熙元年)

吹替:釘宮理恵


[司馬懿]の孫、[司馬昭][王元姫]の長男。

そして、百年ぶりに分裂状態を続けていた三国時代を統一する人物。

その地盤はほとんど[司馬懿]達によって作られていたとはいえ、

歴史に名が残る立場というのは重要なもの。

暴君に支配される事になっていた『呉』を統一し、

三国統一を成し遂げました。


そこから先の話は『三国時代』から『西晋』の話となりますので、

また次の時代のものになります。

↓次のエピソードへ


トップへ
トップへ
戻る
戻る