×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。


三国志 Three Kingdoms 第64話 「張松、地図を献ず」


三国志 Three Kingdoms 第63話 「張松、辱めを受ける」



「もし、皇叔が《荊州》の軍を率いて、
西へ向かい西蜀を地盤とすれば、
数年で覇業はなされて、漢室は復興できますぞ」

―[張松 永年]



第五部「奸雄終命」第六十四集

時代背景:212年(建安17年)


[曹操]に侮辱をされた[張松]は、[劉備]側につくことを決めます。

[張松]は、[劉備]に《西蜀》を献上したいと願いますが、

[劉備]は同族である[劉璋]の領土をだまし取ることなどできないと、

これに対して反対します。



しかし[ホウ統]から、《漢中》の[張魯]や[曹操]によって、

危機を迎えているから来て欲しいと言うようにと、

助言を受けた[張松]は、

[劉備]を迎えようとすべく[劉璋]の説得に当たります。


心動かされた[劉璋]は、[法正]を[劉備]の元へといかせます。

しかしながら[劉備]は、《西蜀》に行くことは承知するのですが、

そこを奪ってしまうという[法正]の案には、やはり従えないのでした。


主君が《西蜀・益州》に行けば、《荊州》を奪われてしまう危険がある、

との言い訳のようなものをする[劉備]陣営ですが、

[法正]は[張魯]に対向するため、何としてでも[劉備]に

破格の待遇で《西蜀》に来てほしく言います。


[ホウ統]曰く、[劉備]は確かに《益州》を欲しがっているが、

それは、天子の勅命で[劉璋]が収めていること。

取らざるを得ない理由がなければならないということ。

この道理を[劉備]がわきまえているから、なのだとか。

そして、いつ《益州》をとるかは、時期が必要なのだと。


更に[関羽]と[張飛]は《荊州》に起き、大軍で守っておく必要がある。

というのでした。

そのため、《西蜀》へ行く軍は[黄忠]や[魏延]が向かうというのです。



これに対して[劉璋]配下の[黄権]らは、[劉備]の罠であると言い、

[劉璋]が向かう事に痛烈に反対をします。



[王塁]は[劉璋]を止めるために、自ら命を経つことをしてしまいます。

さらに[黄権]は、[劉璋]の護衛を3万にして、

[劉備]に立ち向かうということさえ提案します。






このエピソードの注目点
「西の勢力の動向」



[法正][張松]らは、何としても無能な君主であるとする[劉璋]を追い払い、

[劉備]に《蜀》を統治して欲しい。

しかし[劉備]は同族である[劉璋]は攻められない。

このせめぎあいの状況が続くこの時期。

果たして誰が《蜀》を取って統治する事ができるのか、

迷いながらの状況が続きます。

あくまで[劉備]は、『漢王朝』の配下であると言い、

決して天下を狙うつもりはないと言うのです。

そして[劉璋]と[劉備]は血縁関係があり、骨肉の争いとなってしまうのです。


注目の人物



[法正 考直] -Fa Zheng-
西暦176年〜220年

吹替:飛田展男


元[劉璋]配下の人物で、[劉備]陣営に入ることになる人物。

[劉備]が入蜀を果たすきっかけをつくった人物として、

この時代に活躍する人物です。

後世の評価によれば、判断力に優れ、並外れた計略の所有者、

しかし徳性については賞賛されることはなかった。

と言われています。

その知力は、『魏』でいうところの、

[程c][郭嘉]に匹敵すると言われ、

『夷陵の戦い』で[劉備]が大敗したときも、

[法正]がいたら、大敗は避けられたと、[諸葛亮]が言わしめるほどでした。


↓次のエピソードへ

新規ページ002
新規ページ002

トップへ
トップへ
戻る
戻る