×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。


練師(歩夫人)


名:歩夫人(ほふじん)
諡:練師(れんし)
-Bu Lianshi-

所属:孫家、呉国
出生:徐州臨淮郡淮陰
生年:不明
没年:238年(嘉禾7年、赤烏元年)
享年:不明


-伝-
-伝-
『三国志』『呉書』
巻50『妃嬪傳』[歩夫人(練師歩皇后)]傳


-血縁関係-
夫:[孫権](側室)

子:[孫魯班][孫魯育]
『真・三國無双』

CV:神田朱未
『真・三國無双6』から登場
二つ名は、「麗しの守り人」
諱ではありますが、「練師」の名で登場。
6作目に登場した彼女。今回、『呉』の物語の主人公にもなる「孫権」。
そんな彼を精神的にも支援してくれる優しい女性です。
『三国志大戦』

こちらは、「歩夫人」の名で登場。
幻想的でとても素敵な彼女です。
こうした彼女の描き方もあるのですね。
ちなみにこちらのゲームでは、『呉』は青色なので、
水の妖精さんであるかのようです。

ドラマ『三国志 Three Kingdoms』

『呉』の女性といいますと、「孫尚香」が有名な事もあり、
彼女まではドラマに登場しませんでした。



『呉』の初代皇帝「孫権」が最も愛したと言われる、彼の側室になります。

「孫魯班」「孫魯育」姉妹の生母になり、

「孫権」からは最も愛されていた女性です。


元は、妹の「孫尚香」の女官だったということもあり、

「孫権」としては彼女を正室にしたかったようですが、

家臣たちは、「孫登」の養母である「徐夫人」を推奨して、

それはならなかったのですが、「孫権」からはやはり最も愛されていました。


「孫権」はやがて『呉』の初代皇帝になりますが、

彼女は側室なので、皇后様にはなれないかに思われましたが、

宮中では皇后様扱いで、彼女の死後、「孫権」は正式に皇后の位を贈られます。

その別名が「練師」になるのです。


孫権の后達には、ほかに、「謝夫人」、「徐夫人」がいます。

「孫権」の最初の后は「謝夫人」ですが、「徐夫人」と反発したり、

「徐夫人」は嫉妬深い性格だったりして、

「孫権」も彼女達の事はあまり好きではなかったようです。

やはり二人とも長生きができず、

やはり「孫権」の后と言うと、「練師」こと「歩夫人」が有名なのです。

トップへ
トップへ
戻る
戻る

魯粛 子敬
魯粛 子敬