×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。



西暦184年 『黄巾の乱』

『黄巾の乱』

期間:184年4月〜10月
場所:中国大陸『漢王朝』領土)ほぼ全土
『後漢軍』([何進])対 『黄巾党』([張角])
兵力:不明 対 約36万


「蒼天已死 ?天當立 ?在甲子 天下大吉
(蒼天すでに死す、黄天まさに立つべし。歳は甲子に在りて、天下大吉)」と言い、

腐敗をしていく『後漢』の皇室を痛烈に批判した、

『黄巾党』の主、[張角]が起こした勢力、一種の宗教団体でもあります。

それを危機的に感じた、『後漢』の[霊帝]が、[何進]を大将軍として、

都亭に駐屯させ、八つの関に都尉を置き《洛陽》を守護。


各地の『黄巾党』を、後の『三国志』の英雄達が撃破していきます。

[波才]軍を、[曹操]軍が撃破。

[朱儁]揮下の[孫堅]の活躍もあり《宛城》は落城。

そして、さりげなく後の暴君である[董卓]は、逆に『張角軍』に負けていたりします。


[張角]は10月には病死をし、更に[張宝]も打ち倒され、

指導者を失い、『黄巾の乱』は収束。黄巾党もほぼ壊滅するのでした。


しかしながら、この乱の原因は元々『漢』の政治腐敗にあったため、

結局のところ、戦乱は収まらず、

『黄巾党』の残党も反乱を繰り返していたのでした。


西暦184年 『涼州の乱』
西暦184年 『涼州の乱』

トップへ
トップへ
戻る
戻る