×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。



三国志 Three Kingdoms 第91話 「諸葛亮、軍を返す」

三国志 Three Kingdoms 第90話 「曹真、敵を軽んじる」

「]


第七部「危急存亡」第九十一集

時代背景:
西暦231年(『魏』太和5年・『呉』黄龍3年・『蜀』建興9年)
『祁山の戦い』





注目の人物



「ついに始まった[諸葛亮]対[司馬懿]の直接対決」




注目の登場人物



[曹爽 昭伯]
西暦?年〜249年(正元年)

吹替:桜木信介

『魏』の宗室である[曹真]の息子であり、

武将としては[曹叡]に寵愛が厚かった人物です。


しかし後の時代に、大将軍となって[司馬懿]と対立し、

完全に朝廷を乗っ取って好き放題してしまいます。

そして[司馬懿]にクーデターを起こされることとなってしまい、

完全に敗北してしまいます。


彼の行動が、『曹一族』の名誉を失墜させ、

『司馬一族』が『魏』に台頭する結果になりました。



↓次のエピソードへ

三国志 Three Kingdoms 第92話 「木牛流馬」
三国志 Three Kingdoms 第92話 「木牛流馬」

トップへ
トップへ
戻る
戻る