×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。



三国志 Three Kingdoms 第89話 「司馬仲達、計にあたる」

三国志 Three Kingdoms 第88話 「曹真、兵権を譲る」

「]


第七部「危急存亡」第八十九集

時代背景:
西暦229年(『魏』太和3年・『呉』黄龍元年・『蜀』建興7年)
〜西暦231年(『魏』太和5年・『呉』黄龍3年・『蜀』建興9年)
『第三次北伐:武都・陰平の戦い』『祁山の戦い』


[司馬懿]が再び軍に戻ってきて、彼は[郭淮]から、

逃亡兵が相次いでいる事を知ります。


注目の人物



「[司馬懿]と『曹一族』の確執」




注目の登場人物



[曹真 子丹]
西暦?年〜231年(太和5年)

吹替:佐久田脩

[曹操]から仕えており、『魏』の建国後、宗室の筆頭格でした。

“北伐”から『魏』の領土を守った武将の一人ですが、

[司馬懿]などが出てくるとなると、どうしても失敗ばかりが描かれ、

このドラマでも例外ではないようです。


↓次のエピソードへ

三国志 Three Kingdoms 第90話 「曹真、敵を軽んじる」
三国志 Three Kingdoms 第90話 「曹真、敵を軽んじる」

トップへ
トップへ
戻る
戻る